Home > 産業医

産業医

産業医とは、企業に属し、その企業の労働者の健康について指導や助言をする医師のことです。労働安全衛生法では、常時社員数50人以上の企業では、嘱託産業医を置く必要があり、常時社員1000人以上の企業では、常勤の産業医が必要です。

企業の労働者の場合、職場環境が健康に与える影響が大きいです。病気の原因や病気の悪化を防ぐために、職場環境改善への働きかけも必要です。メンタルヘルスの技術も必要です。そのため、医師であれば、誰でもすぐに産業医になれるわけではありません。労働衛生コンサルタント試験に合格するか、日本医師会が認定した産業医になるための研修を履修する必要があります。

仕事内容は、治療がメインではありません。指導、助言がメインです。職場環境改善のための委員会に参加することもあります。労務紛争やセクハラ、パワハラといったことにも精通していなければなりません。その意味では医療機関とかなり違う仕事です。

もし、こういったことに興味があれば、アクションを起こす前に産業医になるための資格を備えておくべきです。